一歩踏み出せる心と身体の為のヨガ

自信をつける事がスタート。自分の人生をより良くするための具体的な自信の付け方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
心身相関をコンセプトに心と身体に役立つ情報を発信しています。 ムラはあるけど基本はヨガの情報発信をして、自分自身を大切にできる人を増やしたい。

こんにちは!

今回は人生をより良くするためにも必須の『自信』について書いていきます!

あなたは現在、自分自身について胸を張って自信がある!と即答で応えられますか?

勿論ジャンルによっては自信があるものとないものがあります。

では、あなた自身人間として、胸を張って自分は素晴らしい人間であるといえるでしょうか?

あなたの周りにも何故か分からないけど、やたら自分自身に対して自信を持っている人間はいると思います。

そして何故自信満々なのか分からないにしろ、その人の周りには常に人がいるんじゃないでしょうか?

自信があるかないかだけでも、人の人生は大きく変わります。

きっとあなた自身も自信のあるなしが、人生に大きな影響を与えるということも理解しているはずです。

そんな人生にとって大切な自信について、抽象的ではなく、具体的に自信を付ける方法を解説していきます。

人の写真

 

自信とは

スポンサーリンク



自信(じしん、self-confidence)とは、自己を信頼する気質、徳目である。

引用:wikipedia

wikipediaによるとこんな感じで、凄く分かりやすいですよね。

特に注目したいのは

『自己を信頼する気質』

というところ。

自己を信頼するということは、他人は一切関係ないのが良く分かりますね。

そして大切な事は根拠なんかいらないという事

自信とは、『思い込み』や、『解釈』とも言い換える事が出来ます。

そう。つまりは自分を信じる事で自信をつけることが可能なんです。

当然そんなことは分かっているでしょう。

ではどうやったら自分自身を信じる事が出来るでしょうか。

松ぼっくり

松ぼっくり

 

自分を信じるとは

 

ではそもそも自分を信じるとはどういうことか。

自分自身に自信がないという人も、具体的に質問をしていくと、実は必ず自信がある部分があるんです。

例えば、

・朝早く起きる事だけは自身がある。(得意)

・人の顔色をうかがうのだけは自身がある。(得意)

・趣味の○○だけは自信がある。(得意)

等々、全てにおいて自信のない人という人は存在しません。

意外と、自分が『誰よりも自信がない』事については自信を持っている方も実は多かったりします。

自信をつける際に大切な事はまずは客観的に自分自身に『気づく』ということ。

まずはそこがスタートです。

そして気けたのであれば、肯定的な思い込みを育てていく。

ここを踏まえて次から具体的な話に入ります。

海と子供

自分自身に客観的に気づく

 

ではまず自分自身に客観的に気づく具体的な方法を解説していきます。

自分自身に客観的に気づくという事は実は非常に難しいです。

例えば、あなたが言われて一番嬉しい言葉は何ですか?そして一番言われて傷つく言葉は何ですか?

こう質問された時に、理由までも明確に即答できる人はそう多くありません。

ではどうやったら客観的に自分自身に気づいていけるのか。

1・客観的に自分自身をみてくれる人に質問する

いたってシンプルにあなたの身近な人に質問してみましょう。

・私が楽しそうにしてる時ってどんな時?

・私はどんな価値を人に提供してると思う?

・私がむいてる仕事してるって何だと思う?

等々、自分自身の肯定的な一面について質問してみるといいでしょう。

 

2・子供の頃に好きだった事ややりたかった事、ワクワクしたことを書き出す。

今あなたは子供の頃夢だったことや、やりたかった事、ワクワクした事を即答できますか?

自信がない、自己肯定感が低い人は、自分の心の声に従っていないという傾向があります。

自分の心の声とは、小さい頃に何も現実的なジャッジをせずにただただやりたいと思っていた事だったり、純粋な子供の頃に描いていた思いだったしします。

その心の声に気づく事で、少しずつ自分自身で綴じた扉を開いていく事に繋がります。

なので、お勧めは朝起きて、2、3時間以内に静かな部屋に一人きりで、ノートを開いてペンをもって、自分が子供の頃何を大切にしていたのか、言われて傷ついたことは何だったのか、自分が大切にしている価値観ってなんだったのか、ゆっくりと静かに一つずつ自分自身と向き合う時間を取ることをお勧めします。

1度やっただけでは出てこないかもしれないけれど、続けることで必ず自分が大切にしていたのにも関わらず手放してしまったもの再び出会えるはずです。

そして出会えたのであれば、今度こそそれを大切にして生きていきましょう。

それが自分への自信をつけるきっかけとなります。

入れ墨の写真

入れ墨の写真

肯定的なセルフイメージの育て方

 

次のステップでは自分自身との約束を日々守りながら、肯定的なセルフイメージ(思い込み)を育んでいきましょう。

もしかしたら、『思い込み』という言葉に対してネガティブなイメージを持つかもしれませんが、ここでは同義語としてセルフイメージという言葉を使っていきます。

セルフイメージに重なる部分も多いので、潜在意識を書き換えるというテーマのこちらの記事も参照してください。

それではセルフイメージを肯定的に書き換えていく具体的な方法を示していきたいと思います。

1・言葉を変える

日頃使う言葉を肯定的な言葉に変えていきます。

これは他者にかける言葉も、自分にかける言葉も含めて、ポジティブな言葉を選ぶようにします。

特に感謝の言葉を意識的に使うようにしましょう。

僕自身も毎日必ず一日を振り返って感謝の出来事をアウトプットしていますが、たったこれだけでも、外側の刺激に過剰に反応することはなくなり、とても楽に生きれるようになりました。

 

2・アファメーションをする

アファメーションとは、簡単に言うと、自分自身へ肯定的な言葉をかけるというものです。

アファメーションには

・主語を入れる

・現在形で作成する

・否定形やネガティブな言葉を使わない

といったルールがありますが、まずは鏡の前で自分の目を見ながら、『私は自分自身の存在を全肯定している。』

と自分自身に言葉のギフトをプレゼントしてみましょう。

No.1セールスマンになった人や超出世を果たした人が、アファメーションを活用していたというのはよく聞く話です。

やってみるとわかりますが、こんな簡単な事であるにもかかわらず、自分の心に与える影響が大きいことに気づきます。

 

3・自分との約束を守る。

あなたは自分自身との約束を必ず守っていますか?

朝目が覚めたらすぐさま布団から出て行動を始める。ご飯時にはいただきますとごちそうさまを必ず言う。トイレを使った後にはありがとうございましたとお礼を言う。等々、他者との約束ではなく、自分との約束を守る事が自信をつける為にはとても大切です。

なので、今自分との約束を意識してしていないという人は、まず自分自身との約束を決めましょう。

自分自身との約束を決める際のポイントとしては、

・守れる約束をする

他者との約束と同様に、自分自身とも守れない約束をしてはいけません。

何故なら約束を破ってしまうことによって、「やっぱり私はダメだ」という想いが自信の喪失に繋がるからです。

・意識しないでも当たり前に守れる約束をする

今既に何の自分ルールも持たずに生きている人はそうはいないでしょう。

大なり小なり、何かしら自分のなかのルールに従って人は生きているわけですが、そのルールを改めて自分の約束として再定義してみてください。

例えば、朝誰かを見送る時に絶対に「いってらっしゃい」という。晩御飯では必ず家族に「今日はどんないい一日だった?」と聞く。毎日朝晩歯を磨く。等々、努力をせずに日々やっていることをまずは自分自身との約束と再定義して、約束を守り続けた日数を記録していきましょう。

最初から張り切って今までになかった自分との約束をする事は継続が難しいので、まずは今ある習慣を自分との約束にして自信をつけていきましょう。

お勧めは約束を守った日はカレンダーに印をつけるとかシールを貼ることです。

一日ずつ印やシールが増えていく事が脳科学的にみても継続するモチベーションへと変わります。

・他者と一緒に約束を守る

さらに効果的なのが、自分一人で継続しようとしないという事です。

今現在自信がないという人は、自分自身との約束を守り続けるという習慣がない場合がおおいので、まず習慣を作らなきゃいけないのですが、習慣を作る際に大切なのが、「多少緊張感のある第3者と一緒に進める。」という事。

これは心理学でも実証されています。

なので、約束を破っても軽く謝ってその場はお流れという仲のいい関係や、逆に遠すぎる人ではなく、約束破る人だって思われたくないな。位の距離感の人と一緒に進めていきましょう。

氷

まとめ

・自信とは自分の思い込みであり、根拠など全く必要はない。

・まずは自分自身と向き合い、本当に大切なものに気づき、それを大切に生きる事が大切。

・具体的には自分との約束を守り、ポジティブな言葉を使い、アファメーションする事で確実に自信がついていく。

スポンサーリンク



 

この記事を書いている人 - WRITER -
心身相関をコンセプトに心と身体に役立つ情報を発信しています。 ムラはあるけど基本はヨガの情報発信をして、自分自身を大切にできる人を増やしたい。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BPY-ビジネスパーソンヨガ- , 2021 All Rights Reserved.